ABOUT US

ビデオアートセンター東京(VCT)は、日本におけるビデオアートとその他の時間芸術のためのセンターとして、2001年に設立されました。VCTの目的は、それらのアートをめぐる国際的な新しいネットワークを形成し、状況を発展させることにあります。   VCTは、ビデオアートが現在のメディア文化において持つべき役割を確立しなければならないと考えるビデオアーティストを中心とするスタッフによって、民間非営利組織(NPO)として自主運営されています。 VCTは、以下のような事業を運営します。それらための事業資金は、事業自体による収益のほか、各種財団や個人による助成および各種協賛企業によるメセナ活動によってサポートされています。  国際文化交流/展覧会・上映会/国際会議・研究会/作品制作・配給/ビデオアート・ライブラリー/ビデオアート・チャンネル/アンデパンダン・ショーイング/ビデオアーティスト・ワークショップ/レクチャー、レポート/映像メディア教育の支援/出版/ウェブサイトでの情報配信

VIDEOART CENTER Tokyo/VCT was founded in 2001 as an association dedicated to videoart and other time based arts in Japan. The aim of VCT is to form an international alternative network for those arts and develop the situation. VCT is managed independently as a Non-Profit Organization by videoartists and the staffs who consider it's necessary to establish a critical role of the videoart of the present against the society of spectacle.  As recent activities, VCT took part in “50th Anniversary of Video Art / Les Instant Video2013” (2013, Marseiile, France), and worked on a documentary video project with oral history of early video artists in Japan, "Kikai de Mirukoto=Eye Machine/To See by Chance -the Pioneers of Japanese Videoarts-“(2012, 82min.), series of screening event; “Video Reflexive” (2014-2016) included “Ko NAKAJIMA Video Vicissitudes”(2014, UPLINK, Tokyo). VCT focused on the open air video art show in urban spaces, as “Video Art Promenade in ASAGAYA/ Wall to Wall”(2015, Tokyo), “Video Art Promenade in Kagurazaka”(2015, Tokyo). Official web site=  http://www.vctokyo.org

© 2019 by VCT/VIDEOART CENTER Tokyo

  • Twitter App Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now